【雑談】結局安くて速いバイクはどれだ!

どれ?

バイクの選び方も人それぞれですが大抵の人はまず好きなタイプそして次が予算でしょう

カッコいいとか自分に似合うとかだと難しいですが速いは一番カンタン

お金に余裕があればお店に行って「一番速いヤツくれ!」と言えばすむだけです

ホンダならCBR1000RR-R カワサキならH2を出してくれるでしょう

しかし我々庶民はそうもいきません

という訳で安くて速いバイクを紹介

まずは新車部門

新車となると速さ=価格なのでなかなか難しいところですがそれでも選択肢はあります

■250㏄以下

該当なし

該当なしと言っても遅いという訳ではありません むしろその逆近年は250の高性能化がすすみ価格が高騰しています

高性能なCBR250RRは80万円超、今後発売予のZX-25Rは100万前後でしょう

250のオフ車やモタード車も生産終了してしまいました

■400㏄

カワサキZ400(682,000円)

400㏄は不遇のクラス、メーカーも正直言ってそこまで力を入れていないでしょう

スズキにいたっては400はスクーターしかありません・・

しかしいくらプレミアム250と言っても一般的な速さでいえば排気量の差がモノを言います

他の400ロードスポーツに比べてZ400が速いというわけではなくプレミアム250に対して400代表で一番安いZ650を選びました

豪華な装備や高級感よりも実際の速さと言う人なら400を買うべきでしょう

車検が面倒ですけどね

大型

スズキSV650(752,400円)

まさに今回のネタにうってつけ 他社の2気筒に比べても一番安いながら一番走りに拘ったモデルではないでしょうか

Z650(847,000円) MT-07(792,000円) NC750(759,000円)

SSやメガスポ等4気筒の超高性能クラスとは比較になりませんが大型クラスってだけでもう速いです

上手い人なら軽さとVツインの特性を生かして本気で速いでしょう

私なんぞがもしリッターSSなんかに乗っててワインディングで後ろにSV650なんぞがいたらイヤですね~

MT09(1,023,000円)

SV650と比べると割高感がありますがMTのライバルはZ1000(1,171,500円)、GSX-S1000(1,152,800円)、CB1000R(1,670,900円)

もちろん安いには安い理由があって他が4気筒なのに比べてMT09は3気筒です

上にMT10(1,705,000円)がありそちらは4気筒 Z1000やGSX-S1000のライバルとしてはこちらが自然かもしれません

ヒットの理由も安くて楽しいというそのまんまの理由です

車両重量193㎏ 3気筒と言う事もあって大型の中では圧倒的に軽い サイズも重さも400並でCB400SFよりも軽い 900㏄で軽いとくれば速いに決まってます

SV650に比べて見た目の演出がスゴイので迫力があるのもいいところ

3台ですが安全基準や規制が厳しくなり性能には関係ない装備がてんこ盛りで新車は年々高くなってますからなかなか厳しいですね

中古

やはり本命は中古車

■50万~100万円 メガスポーツ~SS

GSX1300Rハヤブサ ZZR-1100,1200

かつての世界最速バイクも中古なら50万円~で手に入ります

10年前のバイクでも世界最速は伊達じゃありません 最新のロードスポーツでもついて行けるバイクは僅かでしょう

CBR600RR、R6、ZX-6R

理由は1000に比べて不人気、SSは最新に拘る人が多いので型落ちが比較的安い

しかし性能でいえば文句無し・・というかレースで使われるようなバイクですから多少古かろうが遅い訳がありません

GSX-Rはちょっと流通数が少ない印象です

■30万~50万円 ネイキッド~ストファイ

FZ1、Bandit1200、1250

この価格帯だとネイキッド

ネイキッドといっても典型的なネイキッドではなくストファイとネイキッドの中間

FZ1のエンジンはR1譲りのエンジン、Bandit1200はGSX-R譲りという凄いヤツ

FZ1はMTにバトンタッチBandit1200は元々人気薄・・・という訳で比較的高年式のものが安く買えます

高年式といっても10年以上前ですけどね

ハーフカウルのついたFZ1FAZERとBandit1250Sなら高速も得意なので使い勝手も抜群

SSでこの価格帯だと1990年代になってしまうのでちょっと古く感じますね

■10万~30万円 ネイキッド

さすがにこの予算だと大型は厳しくなってきますね

SV400

またまたスズキまたまたSVです ネイキッド全盛期だった頃の主役はCB400SF、XJR400、ゼファー等々いわゆる丸目ツインサスの純ネイキッド Vツインでモノショック、さらにハーフカウル(Sのみ)というSV400は奮わず街中でもあまり見る事がありませんでした しかし走りの性能は同世代の400最速という声もありました

斬新な見た目も今見るとかっこいい スズキのバイク全般に言える事ですが写真はイマイチだけど実車はカッコイイ

このバイクの場合「分かって乗ってる」感があるのもいいですね

そんな事言うのは私みたいなオタクだけですけど

以上全て妄想と偏見に満ちた意見ですので話半分で

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。